<スポンサードリンク>


2011年05月04日

痔の薬 注入軟膏

痔の薬で座薬を使ったことのない方も多いようです。
座薬は挿入時に痛みなどが起きないように作られています。ですから、大方の感想では初めて使ってみて思ったより苦痛や違和感がなかったということです。
最初に肛門にあてがい少し力を入れるくらいであとはすんなりと入ります。
痔の座薬は店頭で買うのが恥ずかしいと感じられる方は、インターネットで注文するという方法もあります。

注入軟膏に話を戻しますと、
市販される痔の注入軟膏はいろいろと種類があります。
・プリザエース注入軟膏(大正製薬)
・ボラギノールA注入軟膏(武田薬品工業)
・リシーナ注入軟膏(ロート製薬 )
・Vザック注入軟膏(中外製薬)
・ヂナンコーハイ (ムネ製薬)

上記は大体効能は似ており、裂肛・痔核の痛み・はれ・出血に効き、かゆみの緩和と消毒などです。

注入軟膏は細くなっている先端部分を肛門内に差し入れ、容器を押して薬を注入します。
慣れてくれば肛門に差し込む加減がわかり、
痛みもないですし、薬もきちんと中に注入できるようになれます。

・・・・

<スポンサードリンク>



 
タグ:
posted by NAVHEAL at 09:27| 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。