<スポンサードリンク>


2011年05月04日

痔の薬としての注入軟膏

痔の薬として、座薬、塗り薬、内服薬、注入軟膏とあります。

痔の塗り薬はクリーム状、軟膏状で、使い方がわかりやすくなじみもあり、もっとも気楽に使える痔の薬と言えるでしょう。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


塗り薬は薬の届きやすい肛門の出口近くにできた痔核や裂肛に効果があります。
痔の座薬はすべての痔に有効なわけではありません。
患部に直接届くという意味で、いぼ痔、特に内痔核によく効きます。
また、痔を治すためには漢方薬を服用するという方法もあります。
手術を考える前にまず漢方薬を服用することを検討する患者さんも多いです。

では、注入軟膏が合っていると思われる方というのはどのような段階の症状の方でしょうか。
座薬を使うのは抵抗があり、塗り薬は頼りなさを感じている場合は注入軟膏が最適だと思われます。
また、内服薬は効果が出るまで待てそうにない場合も適していると思います。

痔の塗り薬の主な効能としては、痛み止め、止血作用、消炎作用、便が排泄されやすい潤滑油的役割があります。
塗り薬の使い方としてガーゼなどにつけた薬を肛門に直接塗る方法があります。

・・・・
posted by NAVHEAL at 09:30| 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。